狭い道路で対向車・ペーパードライバー初心者教習所の安全運転豆知識

19・狭い道路で対向車|ちょっとした運転の豆知識

ペーパードライバー初心者教習所の安全運転豆知識。ペーパードライバーだった人や運転初心者の皆さんが、運転中に狭い道路で対向車が近づいてきたら必ずある運転行動を無意識にやってしまうことがあるんです。その無意識にやってしまう運転行動が危険な運転につながるケースがありますので、ちょっとした改善方法などのご紹介です。

  1.  >
  2.  >
  3. 19・狭い道路で対向車

狭い道路で対向車


ペーパードライバー初心者クラスの教習中、空を見上げることがあります。


真っ青・・・


あ・・・


あの・・・体調が悪くて真っ青なんじゃないですョ。


え?


分かってますって?失礼しました。


真っ青の空と白い雲


ですが・・・


突如として雨雲に覆われてしまうことも多々ありましたね。


運転したいという思いで一生懸命練習なさっているペーパードライバーや初心運転者の皆さん


赤信号で停止中にでも「真っ青な空と白い雲」気分転換に見てみるのもイイですョ。


けっこう皆さん、今からトライアルレースが始まるんじゃないかと思うくらい正面を見すぎていますよ~。


リラックス♪リラックス♪


ペーパードライバー初心者教習所の安全運転豆知識 狭い道路で対向車1


さて、上記のような生活道路を利用することが多いと思います。

狭い道路については以前に、「狭い道路なのに中央線?!」や「ホントに狭い道路!どうしたら?」でも記しましたが・・・


今度は、「狭い道路で対向車が近づいてくると・・・」です。

狭い道路で対向車が近づいてくると・・・必ずある運転行動を無意識にしています。


何だと思いますか?


ペーパードライバー初心者教習所の安全運転豆知識 狭い道路で対向車2


それは・・・


秘密です。


なんでやねん!


ペーパードライバー初心者教習所の安全運転豆知識 狭い道路で対向車1


上記のような道路状況の場合

左側に電柱や看板・駐車している車両などが存在するので、対向車もありませんからやや中央線寄りに走行するようにしてみましょう。


ペーパードライバー初心者教習所の安全運転豆知識 狭い道路で対向車2


でも、上記のように対向車が近づいてくると接触しそうに感じてしまうので左側に逃げたくなりますよね。


ぶつかりそうに感じてしまうわけですから左側に逃げるのは問題ないんです。


ペーパードライバー初心者教習所の安全運転豆知識 狭い道路で対向車3
この道路幅なら対向車が近づいてきても大丈夫なんですが・・・
お互いが動いているとサイドミラーなどの接触が気になって・・・

 

 


ぶつかりそうに感じてしまうわけですから左側に逃げるのは問題ないんですが・・・

そのまま左側に避けっぱなしにしていると・・・

電柱や看板、車両などに寄り過ぎてギリギリ・・・

ギリギリならまだしも電柱や看板に接触してしまうことも・・・


なぜに?


対向車が怖いので、対向車を見ながら左側に避けていることが多いからなんです。

じぇ~んじぇん左側を見ずに左側に寄って運転してしまっている状態なんです。


極端な例で例えるなら・・・右側を見ながら左に車線変更しているような感じです。

どうですか?右側を見ながら左に車線変更って怖くないですか?


でも、このような道路で対向車が近づいてくると無意識にやっているんですよ。

狭い道路で対向車が近づいてきたら誰でも怖いな・・・と感じてしまうでしょう。


対向車が近づいてきて怖いな・・・と感じたら

少しだけ速度を落として・・・

少しだけ左側を見て・・・

少しだけ左側に避けてみるようにしてみましょう。

その「少しだけ」の対応が無意識による左側の避け過ぎや接触を防いでくれるはずですよ。


また、少しだけ左側に避けたら必ず車体を立て直すのを忘れないでくださいね。

左に避けたままにしていると・・・ぶつかっちゃいますよ。


ペーパードライバー初心者の運転練習豆知識 狭い道路で対向車4
バスや大型自動車など
明らかに中央線をはみ出している対向車が近づいてきた場合
少しだけ」では対応しきれないので左に寄せて停止するなどしてあげましょう。

 

 


ペーパードライバー初心者の運転練習豆知識 狭い道路で対向車5
この場合も
道幅も狭くなり電柱もあるので電柱の手前で停止しましょう。

 

 


上記の場面のように「少しだけ左に寄る」で対応しきれない場合は停止するなどしてあげましょう。


 

【ちょっとした運転の豆知識】メニューに戻る




Google+増田眞二で情報配信中


RapidSSL サイトシール
プログレスドライバースクールのWEBサイトは、すべて常時SSLで保護されておりRapidSSL証明書によるセキュアなサイトです。